1. トップページ
  2. よくあるご質問
  3. シックハウス症候群と化学物質過敏症は何が違うのですか?
よくあるご質問
シックハウス症候群と化学物質過敏症は何が違うのですか?
シックハウス症候群は、住宅の問題に起因して体調不良を起こすものです。原因としては、化学物質の他にカビやダニ、ハウスダスト、さらには換気不良による二酸化炭素濃度の上昇などが挙げられます。

化学物質過敏症とは、特定の化学物質に反応して体調を悪化させるもので、症状が進行すると不特定多数の化学物質に敏感に反応するようになります。シックハウス症候群とは似て非なるものになります。

化学物質過敏症の場合は、住宅の中に潜む化学物質にも当然反応しますが、化学物質は現代社会のあらゆる所に存在するので家を出ても安心できません。むしろ外の方が体調を崩しやすいとも言えます。シックハウス症候群は住宅の問題に起因しますので外に出れば体調が直る事も多いのですが、この点で化学物質過敏症とシックハウス症候群は異なります。
  • 教えて!FPの家
  • 施工実績
  • お客様の声
  • イベント情報
  • 青山建設とは
  • ニュースレター
  • よくあるご質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • トップページに戻る
FP工場見学会 FPモデルハウス体感宿泊 FPの家 住宅相談会
空気と空間を考える。「AIR」 FPの家 経年変化レポート 住まいの快適指数テスト
更新履歴 リンク サイトマップ