1. トップページ
  2. よくあるご質問
  3. 青山建設が標準にしている換気型は何ですか?
よくあるご質問
青山建設が標準にしている換気型は何ですか?
気密が高い「FPの家」では、空気の取り入れ口と吸い込み口の場所を決めれば空気の流れをある程度決める事ができます。そのため、青山建設では第3種換気(自然吸気・強制排気)を採用していました。しかしながら、昨今では第1種換気(強制吸気・強制排気)の機械性能が格段に向上し、コスト面でも納得いくレベルにまで来ています。

第一種と第三種の違いは何ですか?」というよくあるご質問では、第1種換気では気密を必要としないと表現し、第3種換気では気密を必要とすると記載しています。しかし、最近の第1種換気では気密を必要としながら(第3種換気の様な空気計画をしながら)熱交換もできる形になってきています。

第一種換気(熱交換型)の懸念事項であった熱交換部のエレメント性能が向上してきている事もあり、又Q値の向上メリットもありますので最近では私の考え方が変わりつつあります。換気設備の種類については、それぞれのメリットとデメリットをお客様によくご説明させて頂き導入を決めていきたいと考えています。
  • 教えて!FPの家
  • 施工実績
  • お客様の声
  • イベント情報
  • 青山建設とは
  • ニュースレター
  • よくあるご質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • トップページに戻る
FPの家 完成見学会 FP工場見学会 FPモデルハウス体感宿泊 FPの家 住宅相談会
空気と空間を考える。「AIR」 FPの家 経年変化レポート 住まいの快適指数テスト
更新履歴 リンク サイトマップ