1. トップページ
  2. よくあるご質問
  3. 第1種換気と第3種換気の違いは何ですか?
よくあるご質問
第1種換気と第3種換気の違いは何ですか?
第1種換気は、空気を取り入れる事も排出する事も機械で行う「強制吸気・強制排気」です。対して第3種換気は、空気を取り入れるのは自然にして排出する事だけ機械で行う「自然吸気・強制排気」です。

第1種換気では機械で強制的に空気を出し入れしますので、気密などの影響を受けません。又、熱交換と呼ばれる機能を有する事ができるのもこの換気型です。(熱交換とは取り入れた空気と放出する空気を機械内部で交差させる事で、熱を移動させ熱の効率を高めようというものです。)

第3種換気は主にヨーロッパや北欧で主流です。気圧差を利用して出した量の空気を取り入れるため、気密が非常に重要となります。気密が確保されていない住宅では意味がありませんし、気密値(C値)自体も0.5c㎡/㎡程度無いと、漏気や進入空気によって計画換気が乱されてしまいます。
  • 教えて!FPの家
  • 施工実績
  • お客様の声
  • イベント情報
  • 青山建設とは
  • ニュースレター
  • よくあるご質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • トップページに戻る
FPの家 構造見学会 FP工場見学会 FPモデルハウス体感宿泊 FPの家 住宅相談会
空気と空間を考える。「AIR」 FPの家 経年変化レポート 住まいの快適指数テスト
更新履歴 リンク サイトマップ