1. トップページ
  2. あおけんコラム 2017年
あおけんコラム
 
2017年7月27日
現在春日井市で施工中の物件は、木造とS造(鉄骨)の混構造物件です。設計をして、申請をして、そして作る…すべて自分自身でやるので、中々ホームページの更新も滞っています。

このお客様の土地は、上部に高圧送電線がかかっています。そのためその土地には「地役権」という権利が設定されています。高圧電線の下部では建物などが乱立しないようになっているのです。

愛知県春日井市の新築物件その土地の、地役権が設定されていない部分に住居を計画する設計でした。そのため単純な矩形ではなく、斜めの矩形と道路に対して水平な矩形が斜めに組み込まれる複雑な形状になっています。

愛知県春日井市の新築物件その高圧鉄塔が南東にあるのですが、そこにはきれいに咲く桜の木々が何本もあって春にはとてもきれいです。その桜の木を「リビングから眺めたい」という主旨で2階にリビングを設定し、広いリビングとつながるベランダが欲しかったのでそのベランダを鉄骨のS造としました。

木造部と鉄骨部が水平に応力を伝達する構造なので、鉄骨からの応力を木造部に入力して水平耐力や壁耐力などを構造計算しました。

愛知県春日井市の新築物件 建物形状が複雑なので、施工する際は随所で難しいです。墨だし丁張では水糸が幾重にも重なります。水平レベルや通り芯を現地でプロットするのも難儀です…。(笑)

愛知県春日井市の新築物件基礎の鉄筋など、複雑すぎて近所の方が「何が建つの??」と興味深々でした。

愛知県春日井市の新築物件今は木造の建て方が終わり、鉄骨の建て方がいよいよです。木質カーテンウォールや屋根のシングル葺を壁にも施工するなど、楽しみな現場です。

9月には構造見学会を予定していますので、是非ご覧いただければと思います。
 
 
2017年5月9日
長期60年保証弊社が属しているグループでもハウスメーカーさんが謳うような「長期60年保証」が出来るようになるということで、先日その説明会に参加してきました。

今ハウスメーカーさんは「長期60年保証」を前面に押し出してきています。漠然と「ハウスメーカーさんだから…大手だから…出来るんだろうなぁ…」くらいに思っていたのですが、保険会社との連携で弊社が属しているグループでも可能になったとのこと…早速説明会に参加して仕組みを聞いてきました。

現在、僕ら作り手は「瑕疵担保責任保険」という10年の保証を義務づけられています。これは1物件ずつ保険に入っているのですが、この瑕疵担保保険の延長が最大60年続けることが出来る…というものが「長期60年保証」の内容でした。ただ、60年まで延長するには15年ないし20年・30年と外部の検査員に依頼して検査を行い、その結果に基づいてリフォームをしていかなければなりません。そうすることで、ようやく延長できる条件が手に入るというものでした。

どうでしょう?「60年保証いいねー」ってな具合になりますかね?いや、今までハウスメーカーさんと競合して、長期保証や安心という名目でメーカーさんを選択されて私が負けたという経験は沢山あります。(笑) けれどこれって、10年の瑕疵保険は百歩譲って必要だとしても、その後のリフォームしながら保証の安心を買うって…本当に必要ですかね?

メンテナンスリフォームが「本当に必要かどうか見極める目」が、工務店や検査する側に必要になると思うんですが、保証を延長するありきでリフォームするなら、まだしなくても良いモノまでリフォームする…ということにはなりませんかね?なんだか保険会社の錬金術の術中にはまっている感覚がぬぐいきれません。

説明会で詳しい話を聞いても、本当にお施主様方がそれを望まれるかどうかよく解りませんでした。もう少し様子を見たいと思います。
 
 
2017年3月6日
お茶の道具土曜日に「一宮サウスライオンズクラブ100周年記念チャリティー茶会」に出掛けてきました。ライオンズクラブには全く関係もない私ですが、茶会には一宮萩原の川村屋賀峯さんが席主をされるとのことでしたので非常に楽しみにしていました。

川村屋賀峯さんの御主人は大変な数寄者で、保持されるお道具は「重要文化財級では?」と思うような ものばかり…一見の価値ありです。濃茶の本席は川村屋賀峯さんで、薄茶席は表千家、裏千家、松尾流と三流派が合同開催をするという面白い形式でした。しかし、お道具はやはり凄かった…。前田家伝来、松浦家伝来…伝来伝来ばかり(笑) どうやって手に入れたんでしょう?? ただただ凄かった…。

茶会の冊子利休さんが自作した茶杓、前田利常が見立をしたお茶碗「御器」などもあるそんな凄い茶会でしたが、私が一番こころに残ったのは本席な床に飾られていた掛け軸の禅語でした。…それは、「百花春至為誰開」という禅語です。チャリティー茶会の冊子記載では「百花春至誰為開」と書かれてましたが、色々調べると前記が正しい並びのようです。意味は「春に咲きほこる花の、美しさや香りは誰のために開きはなつのか?」となります。

花は誰のために咲く訳でもなく、自分が自然のまま摂理のまま咲くことで、結果的にまわりに良い香りや美しさをもたらす。花は気温や水、土という条件を縁にしてありのまま咲いているだけ。人間も然り、私自身も然りだなぁ …と深くこころに印象付いたのです。目の前の建築、仕事をいつも全力でこなす。ありのまま生きる。出来ることは今までもこれからもこれだけです。
 
 
2017年2月16日
先日の日曜日に、FPウレタン断熱パネルの工場見学会へお客様と一緒に参加させていただきました。やっぱり、いい断熱パネルですね…改めてそう思いました。

ウレタン断熱パネル ウレタン断熱パネル発泡したウレタンはプレスをする前でもかなり細かい空隙です。更に、膨らもうとするウレタンを1/7にまで圧縮させることで、木枠とウレタンがみっちりとくっつきあい一体形成されます。 これにより、ウレタンパネルだけでも筋交いが入った壁と同じ強度を確保することができ、強度を併せ持つ断熱材が出来上がります。

工場見学会では、他工法との比較やウレタンパネルの秘密がご理解して頂けます。是非次回のウレタンパネル工場見学会にご参加ください!
 
 
2017年2月8日
防災倉庫の建築私の母校でもあります犬山中学校と犬山西小学校に、災害時の緊急物資などを保管しておく「防災倉庫」を建築しています。入札でギリギリ可能な金額を詰めて落札しましたが…周りがみんな辞退してしまい、弊社だけがずば抜けて安くなりました。(笑)でも、母校や産まれた地域に役立つ仕事が出来ることを、何より誇りに思えます。ありがとうございます。

今回はイナバの倉庫で製作します。お値打ちに仕入れるルートも新しく開拓出来ましたので、住宅のお客様にもきっと還元できると思います。畑の農機具倉庫や自宅の物置なども、どうぞお気軽にご相談ください。
 
 
2017年1月30日
ままごと最近、娘に「おままごと」を事あるごとにせがまれます。すると、決まって焼きそばが出て来ます。焼きそばのチョコ味とかメロン味とか…。(笑)

息子の時は無かった遊びが、そこには存在しています。また無意識の領域でしょうか?女性だからでしょうか?自然に「ままごと」をやり始めたので、とても興味深く観察しながら「ままごと」のお相手を勤めさせていただいています。(笑)

家事や子育てを楽しみながら素敵に暮らしを楽しむ…そういう願望って人間には本来備わっているのかなぁって思います。母親も父親も一緒に家庭を楽しむ。家族愛を確かめる。そういうキッチン作りをしたいなぁ…と改めて娘に気づかせていただきました。旦那さんや家族の愚痴言いながら住む家は嫌ですもんね。
 
 
2017年1月17日
応急危険度判定士私は犬山市の「応急危険度判定士」として登録しています。もし東海地方に地震が起き、行政より要請があった場合に危険建物の応急判定をして回るのが目的です。

本日はその連絡訓練がありました。グループDのリーダーで登録されている私は、「9時発生」と仮定された地震により行政からの連絡で各判定士さん達に連絡をします。今回は1名の連絡が取れませんでしたが、皆さんとても協力的でスムーズでした。ご協力ありがとうございました。

必ず来ると言われている地震…当然、この地域で地震が起きた際には、自分が設計したり自社が施工したお家に真っ先に確認に伺います。でもそれだけじゃなく、こうやって町のお役にたてることも自分自身のアイデンティティに寄与できていると思います。とっても、感謝しています。
 
 
2017年1月12日
新年もあけて、徐々に仕事のリズムが出来てきました。

収納の工夫

収納の工夫
先日、昨年完成した物件のお客様のお家に伺った際に、真似したい収納方法に出会いました。洗濯機上のスペースに可動棚を設置してあるケースなのですが、その棚板には透明のケースがきっちりと収まっていました。

幅の割付もいいですし、透明のケースで何が入っているかもわかりやすい…また取っ手も側面にあって、引き出せることが使いやすく感じます。

こうやって工夫してらっしゃるのを見ると、「我が家も収納見直さなきゃなぁ…」と思います。とっても勉強になりました!
 
 
2017年1月1日
新年おめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

今年の私の目標は…相変わらずですが、設計力とプレゼン能力の向上に引き続き研鑽していきたいと思ってます。高性能の断熱力が高いお家、そして気密の高いお家、更に計画換気とエアコンの効率化を乗っけた環境設計をリアルに具現化したいなと考えております。

また、モデルハウスのリニューアルが延び延びになっていますので、早々に完成させてモデルハウスでのイベントワークショップを再開したいと思っています。そして、去年から企画していますが遅々として進まない「お茶フェス」というイベント…茶室にした小屋を利用してのイベントになるますが、このイベントをどうにか開催まで持っていけたらなー…と夢見ております。

本年も至らぬ点があろうかと思いますが、何卒青山建設をよろしくお願い致します。
 
  • 教えて!FPの家
  • 施工実績
  • お客様の声
  • イベント情報
  • 青山建設とは
  • ニュースレター
  • よくあるご質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • トップページに戻る
FP工場見学会 FPモデルハウス体感宿泊 FPの家 住宅相談会
空気と空間を考える。「AIR」 FPの家 経年変化レポート 住まいの快適指数テスト
更新履歴 リンク サイトマップ